FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

東京地方は、午後から雨でした。
夜半にかけて、雨は激しさを増します。

今夜は、職場の歓送迎会。
春は、出会いと別れの季節です。
そして、少々酔っぱらいました。

帰り、駅のホームで、雨が地上に落ちるのを眺めていたら、胸が苦しくなりました。そして、雨音に耳を澄ませると、さらにもやもやした感じとなります。つまり、私は酔っぱらっている。

別れとは、そういうものなんだねえ。
スポンサーサイト



2004.03.31 00:45 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

赦したいのか、殺したいのか

もし、自分の家族が、誰かに殺されたら、自分は、その殺した人を、赦すことができるのだろうか。きっと、殺したいほど憎むはずである。

神戸の連続児童殺傷事件の少年が、社会に出てくるというニュースを聞いてそんなことを考えた。

今回の少年の処置は、おおよそ法律に基づいて行われており、法律上は何ら問題なく、むしろ、少年は更生され赦されうる存在となっている、ということである。ゆえに、私たちは、その少年を赦さなければならない。

でも、少年が少年故に、大人とは違う刑罰が行われるのが気に入らない。

だから、私は迷ってしまう。赦すべきか、殺すべきか。

人には、人を殺す力が備わっている。そして、それを、私は、見ないふりをする。



2004.03.31 00:31 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

一週間で500人

ホームページを始めてから、今日で一週間。
カウンターが500を超えていました。
いやぁ、皆さんのおかげで今日まで続けることができました。どうも、ありがとう。

でも、このカウンター自分がみても一つ増えるし、ブラウザの更新ボタンを押しても一つ増える、さらに、LOGからほかのページに飛んで、その後、自分のページに戻ってきても一つ増える、インチキ野郎なのです。
なので、きっと10分の1ぐらいは、自分で増やした分に違いないのです。

今日、家に遅く帰ってきたら、ポストに宅配便の不在連絡表がはいっていました。某通信大学から。私は、その大学の学生なのです。もうすぐ、4月なので教科書の配本があるのです。7年生になります。そうだ、学生証の更新してなかったと、あわてて、証明写真機まで行き、撮影。
700円は高いです。機械の中で、どういう顔ををすべきか、難しいですね。見本に貼ってある女の子の写真は、口元がややほほえんでいてかわいらしいです。そうすればいいのですね。



2004.03.29 00:42 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

六本木の回転ドア事故について

六本木での回転ドアの事故が、ニュースで大きく流れました。小さいお子さんが亡くなったことは大変痛ましいし、それが、設備の整備不良に一因があるようで、業者はその責任を負うこととなろう。

ちょっと日常を、思い返すと、子どもは回転ドアとか、エスカレーターとかが好きである。よく、回転ドアを見ると駆け寄って、何周も回っていたり、エスカレーターで飛び降りたり飛び乗ったり遊んでいたりする。故に、子どもとは手をつないで、それらの設備を利用することが放送でアナウンスされる。それを考えると、被害者のお母さんがきっと一番つらい思いをされていると思う。

大人としては、そんな設備で遊んでいる子どもに危ないからやめるように注意しなければならないのかもしれないが、躊躇する自分がいる。もちろん、ほかの子を注意しにくい社会という要因もあるが、基本的にはそれほど危険ではないし、彼らは無邪気に遊んでいるだけなのである。自分の子どもの頃を思い出すと、危ない遊びは多かった、2階の手すりの上に立ってみたり、どぶ川や林の中を探検したり。
私の子どもの頃は、すでに、自然が少なくなっていたが、公園には箱ブランコがまだ何の注意もなしにあったし、今ほど安全にうるさくはなかった。

ふと、六本木ヒルズの子どもたちは何をして遊んでいるのだろうか気になって、六本木ヒルズのホームページを見てみても、大人のためのしゃれてて、安全のための設備の説明しかなくて、子どものための公園なんかはよくわからなかった。きっと、自分が住んでる子どもだったら、回転ドアはちょっとした遊具になっていたかもしれないと思った。でも、きっと警備員さんが立っていて、注意されて追い出されるんだろうなあ。
今の世の中、家でゲームするか、スイミングスクールとかに通って、適当に外で遊ぶなんてことしないんだろうなあ。それに、そこに住んでいるのは、お金持ちの子どもだろうから。



2004.03.27 23:43 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

提言1 サマーワに巨人軍を派遣せよ

 新聞を読んでいたら、現在サマーワで活躍中の自衛隊というのは、国際法上は、軍隊として扱われるらしい。
 まてよ、日本国憲法9条によれば、日本では軍隊を持つことは許されていない。まあ、小泉首相は、憲法の前文しか読んでないので知らないのは当たり前だけど、結構な常識だ。
 あら、憲法違反。
 でも、日本には伝統的な軍隊があるのです。あの読売新聞が率いる、読売巨人軍という軍隊が。何せ、世界の王、長島である。
 鉄砲は、撃てないけどホームランなら撃てる連中である。しかも、永遠に不滅なのである。
 よし、サマーワに巨人軍である。




2004.03.27 11:16 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

この時期、町をにぎやかにする櫻の木。
うちの周りの櫻も少し咲き始めました。
櫻というのは人を楽しい気持ちにさせてくれます。特に、日本人にとって4月は、卒業入学、人事異動の時期と重なるから、色々な思い出と重なりやすいのでしょう。出会いと別れというやつです。
私は、いまの仕事を始めたのが、6月頃だったので、梅雨前の土の臭いを嗅ぐと、懐かしくそのころの頃が思い出されます。
きっと、多くの日本人が櫻を観て、においを嗅いで、懐かしい思い出に包まれるのでしょう。
それと、お花見も楽しみですしね。



2004.03.27 00:42 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

インターネット制覇

ホームページをつくって、インターネットの一要素をクリアー、で小泉首相で有名なメールマガジンも始めました。
そして、出会い系サイトに登録して、HP、メールマガジン、出会い系とインターネット三大要素をを制覇したのです。でも、出会い系は今ひとつ、何を書いてよいのか分かりません。
でも、色々な人のプロフィールを読んでいると勉強になります。みな、色々なことに興味があるようです。英語とか、漢方とか、聖書とか、まあ、色々な勧誘もあるのでしょうが、そういう話を身近にできないということでもあるのでしょう。
友達から、突然、聖書の話をされても困りますよねふつう。でも、私は困らないのです。なぜかというと、大学がキリスト系の大学だったからそれなりに知っているのです。
それはともかく、孤独な人間が集う出会い系サイトから目が離せません。



2004.03.25 12:59 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

Log

ホームページを始めて5日目
もうすぐ、一週間ですね。
皆様、つきあってくれてありがとう。
カウンターは、もうすぐ200。
Logに足跡を残してくれる人をチェックするのが楽しみになりました。果たして、この中の何人が読んでくれているのか、つまらないと思っているのか、何思っているのでしょう。
これぞ、インターネットの醍醐味、知らない人に読まれているという快感。
ああ、楽しいね。

でね、このLogを覗くという感覚は、そう、たとえていえば、ゴキブリホイホイに、ゴキブリが入っているか覗く感じ。そう、そんな感じです。
せっかくホームページを見てくれている人をゴキブリにたとえるなんてに失礼ですね。
でもね、パソコンの向こう側の見知らぬ世界の、このホームページを見てくれているのが知性を持ったゴキブリだったら、人をゴキブリにたとえて失礼なんて、そのゴキブリさんに失礼な話となってしまうのですよ。
世の中は難しいのですね。



2004.03.25 00:26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

日記

ホームページの作り方がよくわからないのでとりあえず、日記中心でやることにしました。
日記ならば簡単にかけるものね。技術の進歩ということです。見知らぬ人が見るというのも何かのぞかれているようでわくわくしますしね。
でも、見知らぬ人の日記を、見るというのはどのどういうことなのでしょう。そこに深い意味はきっとないのでしょうけど、見知らぬ人は見知らぬままということに孤独を感じるのが現在社会ということなのでしょうか。まあ、もうそんなこどくにはなれましたが。



2004.03.23 17:43 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

夜勤

夜勤のある仕事をしているので、朝まで仕事。
その後家に帰って、居眠り。
気がつけば、夜8時頃。
昼寝るなんて、ちょと贅沢な感じ。
みんなが、起きている間に寝ているなんて、いい感じ。



2004.03.23 00:12 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

電車とテロと

スペインで、通勤電車で爆弾が爆発。
中東関係のテロらしい、日本もその対象らしいと騒がしい。
ちょっと前から、新幹線が危ないとかいろいろな噂があったが、ここへきてちょっと心配になった感じではある。飛行機ならば、入り口で乗客をチェックできるけど、鉄道はそうもいかない。利用者が多すぎる。たとえ、乗客をチェックできても、線路に爆弾が仕掛けられたら、などなど、テロにあいやすいような気がしてきた。
 でも、私は電車に乗るのでありました。

 そういえば、日本史に柳条湖事件なんてのもあったなあ。自爆テロといい、日本軍はアルカイダーのよい先輩なんだろうね



2004.03.21 03:45 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。