FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

預言

ノストラダムス曰く、1999年に人類は滅ぶはずだったのに。
と思う。
子供の頃は、確実に、滅ぶと思っていた。
でも、今もこうして生きているのであった。

最近、8月5日が、東京のXデイということらしい。
その日に地震が起こるのである。

本当かしら。

まあ、いつ起こっても不思議ではないといわれて久しいので、それが、その日でもおかしくはない。
少なくとも、関東大震災を経て、東京という街は今も生き続けている。

東京の人は、7月の地震で困ったのは、公共交通機関の麻痺であったという。でも、電車が止まったことぐらいたいしたことではない。車がつかえなくてもたいしたことではない。
家に帰らずに、会社で寝るか、新宿の地下道で一晩明かすかすればいいだけの話である。それがいやならば、職場から歩いていける範囲のところに住めばいい。
どうも、地震のようなときにでさえ、平時を求めるのが、東京に住む人らしい。
それを、平和ボケというのだろう。
スポンサーサイト



2005.07.31 02:32 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

なんかこうつまらないのだよ

台風が去り、一難去ってまた一難なんだろうけれども、今日のところは東京地方は快晴。いわゆる、台風一過というやつなのだよ、明智君。
という感じなんだよね。

夏は暑いなと思いつつ、去年の方がずーっと暑かったのだということを思い出してしまい、なんか今年は中途半端、という感覚にとらわれています。

最近思うのだけれども、最近何でもアリストテレスというか、アリストテレスが誰だかよくわからないのだけれども、中庸ばかり。
確かに、中庸は誰にも迷惑をかけませんけど、なんだかなあ。
なんかこうつまらないのだよ。



2005.07.28 01:46 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

テロの時代

テロの時代である。

ロンドンでエジプトでである。

テロを防ぐためには、誤認射殺も仕方がないのである。

などと書いていると、近未来SF映画みたいであるが、それが現実なのだった。
SFというものは、おもしろいもので、ノストラダムス以上の予言の書である。すくなくとも、日本のロボット計画には、アトムの現実化という目標がついてまわる。

以上、わりとSFというものは重要なんだよというお話である。



2005.07.25 19:38 | 日記 | トラックバック(1) | コメント(0) |

麦茶

暑いので、久しぶりに麦茶を沸かす。

久しぶりに麦茶を飲む。
小さい頃から、水用の麦茶を飲んだことがない。
実家ではいつも、沸かして麦茶を作っていた。
冷水用の麦茶であったが、沸かして作った。

イメージの問題であることはわかっている。
日本の水道水は質がいいといわれるので水道水からそのまま作っても問題はないのだろう。
でも、お湯を沸かして麦茶を作る。
これからも、ずーっとそうだろう。



2005.07.24 00:56 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

癒やされたいの その2

癒しが大ブームとはいっても、一頃よりは下火であろう。
かねがね、癒しとはいかがなものかと思っていた。
世間がいう安上がりな癒しというものに、抵抗がある。
むろん、安上がりとは値段の問題ではなく、精神の問題である。

子どもの頃、大ヒットしたアニメは、笑うセールスマンである。
夜の、大人のアニメであった。
それを見たのは、小学生の頃だったか、中学生の頃だったか。

あのアニメの登場人物は、ラストシーンで社会に対応できない状態に陥る。
もちろん、浦島太郎のように、喪黒福蔵の言いつけを守らないという、因果によってではある。
その中のラストの一つに、サラリーマンが、太った女性のおっぱいを吸って安らぎを得続けるというシーンがあった。どんな、話だかは覚えてはいないけれども、それが、究極の癒しであると感じた。
究極的には、癒しとはそういうものではないだろうか。




2005.07.22 23:09 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ジャニーズ

ジャニーズの未成年タレントがテレビでは大人気。
お酒を飲んだ人が悪いのか、お酒を飲ませた人が悪いのか。

ところで、ジャニーズとはどんな意味があるのか。

Johnny'sと英語表記されますが、英和辞書のサイトで検索してみると、一番上に来るのが、
johnny
【名】 〈英俗〉コンドーム
とあります。
しかしながら、頭文字が大文字のJ、これに意味があるのです。
Johnny
【名-1】 〈話〉君、おまえ、男、やつ◆小文字 j とつづることもある
【発音】dзα'ni、【分節】John・ny
【人名】 ジョニー◆男

である。
まあ、ジャニーズに女性タレントがいないので、「男」という意味なのでしょう。

英語に詳しくないのですが、
rubber johnnyという単語にコンドームという意味があるので、「ゴム製のおとこ」が略されて、「男」がコンドームになったということなのでしょう。

ぜひ、岡田准一さんあたりにコンドームのCMをやってもらいたいものだと、思う今日この頃である。



2005.07.21 21:34 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

夏だねえ

夏だねえ。
梅雨明けだそうだ。

なので、暑い暑いと思う今日この頃なのである。
なので、考えがまとまらなかったりで、
ブログに書くネタもなかったりで。

まあ、そのうち書きたいことも見つかるでありましょう。



2005.07.20 01:26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

癒されたいの

癒しは大ブーム。
数年前からそういうことになっている。

こないだ、都内の駅前に露天商があって、色紙に絵と癒しのポエムを書いて売っていた。なんでも、雑誌やテレビでも紹介されるような有名な露天商らしかった。

犬の絵があって、その横に「一緒にいてくれてありがとう」うむ、癒されるのだった。
でも、私はもっとパンチが効いたものが好きだ。
犬の絵の横には、そうだなあ。
「俺に命令するな!」
なんてどうだろうか。
まあ、ありがちな感じ。

ゴダイゴの銀河鉄道999の映画版の曲に
「気づいてしまった。
 安らぎよりも、すばらしいものに」
と、ある。

今となっては、なかなかの名言である。



2005.07.16 01:52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

財布のひも

ボーナスが出ると、財布のひもが緩くなるのは確かである。
ipodminiを買ったり、無線のヘッドホンなどを買う。
パソコンの部品を少々。
あとは、本を衝動買いしてみたりである。

ボーナスはあぶく銭なので、使うべきなのだろうけれども、やはりこれから人生どうなるかわからないので、貯金もという気もしてしまうのである。まあ、私は小心者なのである。



財布のひもとは、おもしろい言葉だと思う今日だった。



2005.07.15 01:03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

インターネット時代

インターネット時代と呼ばれ、インターネットが問題だといわれる。

数日前の新聞に、インターネットをきっかけとした犯罪や、情緒のもつれについて、そんな人の一例として「インターネットで過激なことを書いたりするひとが案外と実際にあってみるとおとなしかったりもする」そうで、そこに、インターネットはエキサイトさせるものを持っているという認識があるらしい。

なるほど、心当たりはある。私もきっと、似たようなのだろうし。
でも、人間なんてものは場所によって変えるものなのではないだろうか。
自己同一性とよばれるものでは、どこにいても私は私である。
でも、本当に、どこに行っても私は私なのだろうか。
現実と呼ばれる世界の私と、インターネットと呼ばれる世界の私は同じなのだろうか。
祭りの人私と、仕事をしてるときの私は同じなのだろうか。
お酒を飲んでいるときの私と、コーラを飲んでいるときの私は同じなのだろうか。

案外と難しいような気がする。



2005.07.10 16:33 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

金属片の謎

世間を震撼させていた金属片、ガードレールについてるもの、だが、密かに、自動車片ということで解決したらしい。
まあ、人々の想像をたくましくした金属片だが、まあ、一件落着ということらしい。
宇宙人の日本侵略ではなかったのである。

個人的には、まあ、たいした事故もなく、人も死んでいるわけでもないので、どうでもいいと思っていたのだが、金属片はインターネットで組織的に付けられたと指揮者がコメントを寄せるぐらい、世間では、けしからん、の嵐であったのに。

まあ、運がよかっただけなのかもしれない、人の一人ぐらい死んでいてもおかしくないのかもしれない。
なので、国土交通省の点検体制が云々となるのだけれども、もちろん、ガードレールに金属片がつかないような加工も必要なのだけれども、事故後現場を金属片を残してきた事故を起こした人の責任はどうなるの、という意見を聞かないのは不思議なことである。

まあ、ガードレールをへこましたら逃げるに違いないのだけれども、たぶん、車を運転している人は、一度や二度はガードレールに擦りつけたりしているに違いない。
そのときに、もし、金属片がガードレールに残していたら、それで高校生の足に怪我を負わせていたら、と考えると、懺悔の一つでもしなければいけないのだろう。
まあ、だいたい、悪気はなかったのよ、ということで許してしまうのだろうけれども、まあ、いい加減なんだよね。JRとか、国土交通省とか、自分とはまったく関係ないところには、責任云々といろいろいうのにね。





2005.07.08 16:41 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

スカイプ

スカイプ
ちょっと前に話題であった、インターネット電話である。
なんでも、試してみたい私なのであった。

なので、試してみる。
ライブドアのホームページからソフトをダウンロードしてと、モバイル環境で使えるのか?
データ通信の無料通話分25時間を使えば、ケータイ電話よりもやすく通話ができるわけである。一分0.02ユーロである。
我がウエルコムのPHSにパソコンをつないで試してみるのが今回の目的である。

ライブドアのHPから、(インターネットエクスプローラーを使っていないからかもしれないが)文字化けしつつ、クレジットカードで10ユーロ分のスケイプアウトの通話料を買う。
途中、クレジットカードの何とか番号を入れなければいけないのだけれども、わからず、HPのその番号の説明を表示させるところをクリックしても表示されなかったり、さすがライブドアだと思うこのごろである。
まあ、私の昔の経験を思い出しクリアーはできましたが。

よしよし、早速、自分のケータイにかけてみましょう。
ほとんど通話になりませんでした。雑音、音声は切れる。
だから、ライブドアはだめなんだよと思いつつ。
PHSのデーター通信だからだめなのかしら。
でも、使用環境には32kとあるではないか。

今度は、ADSLで試してみましょう。



2005.07.08 01:26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

雨のち晴れ

今日は、雨のち晴れ。
人はいう。
人生雨の日ばかりではないと。

まあ、その通りなんだけどもね。

梅雨も雨ばかりではないと。

そんな感じの一日である。



2005.07.06 16:33 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ちょいワルオヤジ2

最近、世間を震撼させているちょいワルおやじ。
個人的に、雑誌を読んでこうすれば、女にもてるのだと、鼻の下を伸ばしているのは、いわゆる一つの、少年の心を持った中年なのだと思う。

私も、そうなりたいものである。
よく、アイドルは、好きな男性のタイプで、子どもの心を持ったうんうんという。そうだ、いまこそちょいワルおやじなのであった。

なんかこう、すべてマニュアル化されて、そうすれば雑誌やものが売れるのは確かなのだけれども、そんな大人になって何がおもしろいのだろう。
最近、そんなおやじは馬鹿だし、あおっているメディアも馬鹿だということをはっきり誰か言ってやらないとだめだと思う。



2005.07.06 02:02 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ちょいワルオヤジ

最近世間を震撼させているのがちょいワルおやじである。
そういえば、家族を殺してみたりするちょいワルおやじなのだけれども、読売新聞で、クールビズにも挑戦みたいな感じのことが書いてあった。
レオンという映画名をパロッタ雑誌が、ちょいワルおやじのバイブルらしいのだけれども、そこに子どもの虐待の仕方とか家族の殺し方とか書いてあるのかしらんと思ったら、なんだ、ただのファッション誌なんだ、と思った次第である。

よし、今度、町中でちょいワルおやじを捜してみよう。
なんか、いかにもわかりやすそうなカッコをしているのがちょいワルおやじなんでしょ。いかにも、ブランド品みたいな服着てたりしてるんでしょう。
きっと、ちょいワルだから、覚醒剤の一つでもやっていることだろう。あと、ナメクジに塩かけたり。

まあ、そんなちょいワルおやじどもだけれども、そんな個性のないのが100人束になっても、志茂田景樹には勝てないんだろうね。



2005.07.05 04:02 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ipodを買う

サラリーマンならば、ボーナスである。
ボーナスこそ、生活給とは違うお金である。

そこで、浪費すべく、iPodを購入、ミニである。

インターネットのアップルストアで、初期不良をなおしたものを、格安で購入できた。
今購入した理由は、ipodが、ポッドキャスティングというインターネットラジオに正式対応したからである。といっても、日本のサイトではほとんどやっていないのであるけれども、ラジオ好き、新しいもの好きの私にはうってつけなのだった。

さて、iPodのCMに、何曲はいるというものがある。
私が買ったミニの4Gの場合は1000曲である。音楽をそれほど聴かないので、それで十分であるのだが、1000曲である。
さて、私がもっている、携帯用ラジオである。もう10年以上前のもので、AMステレオ対応なのである。いま、電気店でAMステレオ対応の携帯ラジオを探してもなかなか見つからない。AMはステレオでなくてもいいのだということを感じさせる事柄であるが、さて、この携帯ラジオには何曲はいっているのだろう。ということを考えると、実は、ipodよりもすごい機械なのだということを感じさせるのである。大きさもでかいし。

P1010120s.jpg




2005.07.02 00:08 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

インターネットは危険です

今日、アダルトサイトを見ていたら、アクセス元の検索とかいうGIFのぱらぱら画像がでてきて、最後に会員登録されましたとかでる。ipアドレスなどが書いてあるのであった。
会費9万円のところ、いまなら4万5千円でいいらしいけれども、なかなか手の込んだ方法である。
インターネットを使い始めた頃なら、恐怖で震撼したであろう。
でも、今では、自分のブログにアクセス解析つけたりしているので、だいたいHPを閲覧するときにどんな情報をたれ流しているのかわかっているので、驚くに値しない感じである。むしろ、つまらないことしおって、という感じです。

このように、インターネットには危険がいっぱいなのです。
インターネットがあるものだから、自殺は絶えないし、青少年の健全な発育が阻害され、人を殺しちゃったりもするのであった。
まあ、そんなわけで、インターネット犯罪を撲滅すべく規制をかけようというのは、行政や企業がインターネットを利用して行政手続きや商取引などをしている以上、安全性の確保は必要なことなのだろう。

まあ、インターネットがあるところで、人類は幸せになったわけではないし、かといって、不幸になったわけでもない。
まあ、インターネットが社会化されつつあるので、そんな社会が人の心を創造しているには違いないけれども、人の幸不幸とはあまり関係ないのだと思う今日この頃である。



2005.07.01 02:52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。