FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

侠気

敵に塩を送るということわざがある。

甲斐の武田信玄が北条氏や今川氏と結んでいた三国同盟を反故にするようなことをしたのにたいして、太平洋側の北条氏と今川氏が、塩を輸出しないという経済制裁した。日本海側の上杉氏は、武田氏とは犬猿の仲で喧嘩中であったから、北条氏も今川氏も上杉氏が塩を輸出するはずはないだろうと思い、経済制裁で極悪非道な武田信玄が、「ごめんわるかった」と謝ってくると思っていたわけである。

でも、武田信玄は、仲が悪い上杉氏に「塩がないと領民が死んじゃうんだよね」と塩をくださいと頼みに行くと上杉さんは、宗教的情熱のある侠気あふれるひとなわけで「信玄と戦っているのは弓矢であって、米や塩ではない」と言ったとか言わなかったとか。
そんなわけで、上杉氏は、甲斐の国に塩をおくって、その領民を助けたのだという。

人によっては、武士道とはこういうものなのだという。
まあ、人によっては、武士道とは、平和な江戸時代のサラリーマン化した武士の処世訓であったともいうから、そうでもないのかもしれない。

まあ、敵に塩を送るということわざの醍醐味っていうのは、塩をおくらなければ、上杉謙信は、武田信玄との戦いに勝ったであろうと思うが、勝つことよりも、正しく勝つみたなところに上杉さんはかっこいい、とおもわせるわけである。
それは、日本人の美意識みたいなものかもしれない。

でも、日本のモラールが低下している昨今、そんな日本人の美意識は戦後社会は捨て去ったのであると櫻井よしこあたりがいいそうである。個人的には、勝てばいい、というのは明治以後急速に強まったといえるのかもしれないとも思う。
が、今川氏や北条氏だって日本人なわけで、上杉氏は日本人としては特異なものを持っていたのかもしれないとも思うと、別に変わってないし、今川氏や北条氏のような人間が増えたのだというだけのことかもしれない。
スポンサーサイト



2008.08.25 03:11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

くらげ

くらげ川柳なるものが、新江ノ島水族館に展示してあります。

クラゲを題材にした川柳です。
そのなかで、お気に入りは。

①見て癒し 触れれば痛い まるで恋?
②漂えど 流されはせぬ クラゲ道

です。

①は、クラゲから恋を連想するのは、うまいなあ、と思うのでした。
②は、人生訓として使えそうです。

それじゃあ、私も、川柳を

①食べてよし 見るのもいいし エチゼンクラゲ

ダメダメですね。

②スケスケで 隠し事など ありはせぬ

やっぱり、ダメダメなのでした。



2008.08.24 01:46 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

最近すっかり雨模様。


適当に、とったらなんとなく、いい感じと思った。
シャッタースピードが遅かったので手ぶれと被写体ぶれのコラボである。
傘というのは、華やかなものなのね。
P8231637_20080824012637.jpg


雨の降った後の地面。
それだけ。
P8231742.jpg




2008.08.24 01:29 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) |

新幹線

数週間前に新潟へ行った。

上越新幹線E4系
2階建て新幹線。ぴかぴかである。
きっと、空気抵抗を少なくするためにぴかぴかなのだろう。
顔が特徴的な新幹線であるが、知人に似ているといつも思う。
P8089361th.jpg


きれいな曲線である。
P8089360th.jpg


JR東日本がタイアップしているぴかちゅう。
いろんな人が写真を撮っていて、男の子が
「みんな写真を撮っているね」
と言っていたのが印象的でした。
R1084529th.jpg




2008.08.23 01:36 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(2) |

電車

電車でも撮ろうか、そうしよう。
私は、忍耐強くない。なので、ローカル線で壮大な景色の中を行く列車を、数時間待って渾身の一枚を撮るということはできない。
待つことがどちらかといえば苦手だし、写真のために他のことを犠牲にするとことができなのだった。
観光もしたいし、山にも登りたい、海を眺めたりもしたいのである。

それならば、東京のE電である。すぐくる。
とりあえず、こんな感じに撮る。
P1090024.jpg




なんかちょっと木なんかも入れて、電車を風景に溶け込まそうと努力している感じである。
P1090013(変換後)


なんの主題もない感じの写真。
意味が分からなすぎて、ちょっと不安になる感じ。
でも、こういうのが個人的には好きなのだった。
P1090015(変換後)



2008.08.20 03:30 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) |

弁当

はやりのブログでよくあるのが、毎日食べているものを紹介するというやつである。

P1000473(変換後)


全景。スーパーの弁当である。
スーパーもののドラマでよくでてくる、昨日の売れ残りを詰めたみたいな弁当である。

P1000475(変換後)


ちょっとアップ。サヤエンドウのボケている。
専門用語を並べると、明るいレンズを開放で鮭にピントを合わせて撮ったので、被写界深度が浅くなり、サヤエンドウがぼけているのである。


P1000477(変換後)


鮭をアップ。なんだか、昨日の売れ残りで作った見切り品の弁当であるけれども、おいしそうである。
まあ、昨日の売れ残りで作るというのは、県庁の星という映画のスーパーの話であるのでこの弁当がどうかはしらない。



2008.08.19 01:49 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) |

夜である。

P1010095.jpg


夜っぽい写真というのは、ぶれている感じ、ピントが合っていない感じである。

ぶれるのは、シャッタースピードが遅いから、ピントが合わないのは暗くてピントが合わせられないからである。そんなものは、三脚を使えとか、技術を磨けとかそんな感じだろう。

猫である。
でも、本当は、そこに猫はいなかった。
ということはないのである。

P1010091(変換後)


蝉と蜘蛛
蜘蛛は分かるが、蝉はなんとなく違うものに見える。でも蝉である。
P1010083.jpg




2008.08.18 01:07 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) |

オリンピック

オリンピックを見る。

自分の家でテレビは見ないけど、実家に帰ったり、職場ではテレビを見る。
北島は、なんだかんだでかっこいいものである。
でも、今日の新聞の北島の記事に「プロ魂」とか書いてあって、ああ、オリンピックがアマチュアの祭典であったころがよかった、と思った。まあ、それが、建前であったにしても。

きっと、聖火リレーで、中国批判し繰り広げていた激辛コメンテーター達は、北島に対しても、自分の政治的立場を明確にせよ!と激怒しているのだろう、と思う。
オリンピックは、民主主義というものの価値観を共有していな国ではやってはいけないと言っている人たちは、北京五輪に出やがってなにが北島だ!、と思ってるに違いない。
でも、結局、テレビで見る限り、どこの国でやろうがオリンピックはオリンピックなのだった。本当は、CGであったとしてもである。

個人的には、オリンピックをしなければいけない理由はなくなったような気がする。
アマチュアの祭典でもなくなったし、どんなマイナーな競技でも世界大会が積極的に行なわれているから、オリンピックとして世界中のアスリートを集めてガヤガヤする必要はなくなたのでは、と思う。
結局、オリンピックが政治的なものにからみとられてしまうのであるならば、競技ごとに個別に世界各地で世界大会したほうがいいと思う。まあ、4年に一度オリンピック杯として命名権を売ればいい。

たかがスポーツのなのだから。



2008.08.16 00:11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ルールからマナーへ

とある掲示板で、マナーについて論争が繰り広げられていた。

ある人が、マナー違反のドライバーには、クラクションで警告していると自慢げ。

でも、道路交通法によれば。
(警音器の使用等)
第五十四条  車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
一  左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二  山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。
2  車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。
   (罰則 第一項については第百二十条第一項第八号、同条第二項 第二項については第百二十一条第一項第六号)

5万円以下の罰金である。

まあ、クラクションを鳴らすような人間であれば、危険防止のためやむおえないというのだろうが、もし、免許の試験で・

狭い道を横に並んで歩いている歩行者がいたのでクラクションを鳴らした。
に○をつければ減点であろう。

いつも思うが、クラクション好きの人間は、コミニケーションを避けるような感じがする。
窓を開けて一言「すみません。急いでいるのでどいてください」と言えばいいし、どいてくれたら「ありがとう」の一言を言えばいいのにそうしない。
もし、聾唖者であったり、吃音の運転手であれば、まあ、しょうがないかなとは思うが、そんなに、そんな障害を持つ人は多くないだろう。ほとんどのひとは、どいてもらっても会釈さえできないのである。

そんな人に限って、マナーを金科玉条にする。
マナーなんて、結局は、空気の読みあいにすぎない。ただ、「自分」にとってどう(不快とか、邪魔とか)だから、「あなた」にはそうしてほしい、ということ伝えれ、お互いに妥協点をさぐればいいのにと理想論では思う。まあ、そんなめんどくさいことをするよりかは、「マナー違反」を指摘した方が遙かに楽ではあるけど。

結局、私を含め、日本人には、自分というものがないのかもしれない。
それは、悪いことでもあろうし、いいことでもあろうが。



2008.08.12 23:29 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

自分探し

自分探しの旅にでた。

最近、グーグルマップにストリートビューという機能がついた。

昔、衛星写真が載ったときに、すごいなあ、と思ったものだが、衛星では飽きたらず、実際に、車で走行して、写真を撮って公開しているのである。

ネット上では、いろいろと話題になっているサービスであるが、個人的に、自転車に動画デジカメをつけて、撮影してみたりしたことがあるので、趣味的にはあう。

web2.0の本によると、グーグルとは、世界をよくしようという、善意に基づいてサービスを開発しているらしいので、あらゆる情報をネットで提供するという善意の固まりなのだろう。
フランスの町並みを眺めたりするのは、楽しいかもしれない。
でも、やっぱり気になるのは、すんでいるところの周辺なのである。まあ、そういう意味では、インターネットで見るまでもないから、あまり意味がないサービスかもしれない。

今すんでいるところも、ストリートビューの検索範囲になってしまったので、自分探しをする。
自分の家の前の道はかなり細いが、ちゃんとストリートビューされていた。自転車置いてあるので、その日は、仕事が休みか、出勤前にビューされたらしい。ひとしきり、近所を探索してみたが、自分は見つからない。


自分探しの旅は終わらないのである。



2008.08.11 00:45 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

時というもの

時、というのは、かつては、権力者が支配するものである。
昔であれば、権力者が権力者であるためには、正確な暦を作ることが、絶対条件であった。

昨今、サマータイムが検討されている。
よく、サマータイムに拒否的な人は、西洋人が考えたようなことで日本人には当てはまらないのみたいなことをいう。まあ、半分正しいし、半分間違えである。

今日では、一時間は一時間である。一日を正確に、24等分したものの一つが一時間。
定時法という考え方で、時間を支配している。
それは、振り子であったり、クオーツであったりの技術が確立したからこそ可能な時間の支配方法である。

江戸時代までの時間の概念は、不定時法であり、昼を6等分、夜を6等分するという考え方である。昼と夜の時間は、季節によって毎日異なるので、今日の一刻と、昨日の一刻は、同じ長さとはならない。太陽の角度で今の時間が分かるので便利である。
また、夏には、夏の時間があり、冬には冬の時間があるのである。
ある意味、江戸時代まで、夏時間(サマータイム)を普通に使っていたわけである。

しかし、よく考えれば、夏のほうが、同じ刻数働くとして、冬よりも長く働かねばならない。
夏場は、農繁期であるので、農業するには都合がいいともいえるが、デスクワークだと損であるともいえる。実際、江戸時代の運用がどうであったのかは、わからないが、暑い夏に、長時間労働なんて、クーラーの稼働率が上がるだけなのである。

明治に入り、明治政府は、時の支配方法を西洋風に改めた。
太陰太陽暦から、太陽暦に。
不定時法から定時法に。

別段、明治時代に、西洋風に改めたからといって、今日の生活に不都合はないし、右翼連中も、日本の伝統的な時の支配法にもどせ、ともいっていない。なので、サマータイムにしなさいといわれれば、きっとそうなるのだろうと思うし、不定時法から定時法に変えたときよりも社会の変化は少ない。そうなったら、不都合は生じないだろう。
ただ、いつの時代も、社会を変えたくない人は多いものである。

ちなみに、江戸時代には、不定時法に対応した機械時計を作っている。
日本に機械の技術力は、不定時法によって養われたと言ってもいいと思うのだけどね。



2008.08.04 01:05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

記号

適当に、写真を撮ってみる。

茶せん1000円。異論なし。
P7308906(変換後)



キレートレモン。異論なし。
P7308909(変換後)



かっこよさげな男。異論なし。
P7308910(変換後)





2008.08.01 03:16 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。