FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

小説家

P1190413.jpg

天国へ続くかと思ったら、やっぱり続かないというか、かなり届かない螺旋階段。

「サガン:悲しみよこんにちは」という映画を見る。
かなり、退屈な部分はあるが、サガンという小説家の人生と魅力についてはわかったような気がする。
スキャンダラスに、孤独に、そして、いろんな人々に愛された人生、という感じである。


最近、80年代に活躍していた有名人がちょくちょくと死ぬ。
サガンの映画を見終わったあと思い出したのが、栗本薫。

中学時代から高校時代にかけてよく読んだ小説家だった。
数週間前になくなった。もう、十数年彼女の小説は読んでいなかったが、たまに、本屋でグインサーガの「あとがき」を読んでいたので、彼女が重い病気を患っていたことを知っていた。

映画を見たあとに、彼女の死後に出たグインサーガの127巻目のあとがきを読む。

終わらない小説。

彼女はいう。
本当は、1999年に世界は終わっていたのではないか。

病気は、人の心を弱らせるのかもしれない。
でも、中高生時代に読んだ、彼女の小説に出てきそうな世界観と孤独。

ああ、そうか。
本当は終わっていたんだ。
終わった後どう生きればいいのか。
それを教えてほしかったのに。


スポンサーサイト



2009.06.28 22:59 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

あじさいが,
咲いているのだった。
P1190005.jpg



P1190048.jpg



先日、地球が滅亡する夢を見た。

太陽が、爆発するとか何とか、なんかの映画の予告編みたいな状況で、地球はおさらばなのであるが、

死ぬーと思っても、私は案外と生き残っていて、というか天国に行ってしまったのか。
というところで目覚める。

思うに、死んだことがない人間には、夢の中では死ねない。ということなのだろうか。
夢には、現実以上の、想像できるもの以上のはないのかもしれない。



2009.06.28 01:50 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

増上寺

P1150951.jpg

東京タワーの周辺の観光地。
増上寺。
増上寺といえば、お地蔵さんの集団。
子どもの時みたNHKの「核戦争後の地球」で、東京タワー上空で核兵器が爆発して、増上寺のお地蔵さんがどかんと破裂するシーンを思い出すのである。


P1150931.jpg

浄土宗の大本山。

P1150944.jpg

お参りする人も多いのでございます。

P1150971.jpg

増上寺物置。

P1150972.jpg

石畳。

P1150949.jpg

増上寺の蝶々。



2009.06.09 01:58 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |

東京タワーその2

P1160047.jpg

東京タワーの中にはいろいろな施設がある。

水族館。入館料1000円は高いかなあ。
P1160090.jpg

ピラニアである。凶暴そうである。
実際には、人間をおそうことはまれなのだと思うが、顔が怖い。
この水族館の特徴は、ペット用淡水魚を中心としていて、値段が書いている点である。
斬新。

P1160103.jpg

それなりに、飼育しているのだとは思うが、一つの水槽にたくさん魚が入っている。入れすぎだろうと思うほどに。

P1160106.jpg

魚も療養する。

なく子も黙る蝋人形館。
P1160141.jpg

蝋人形の良さって何なのだろう。私にはわからぬであります。

トリックアート
P1160160.jpg

トリックアートミュージアムは観光地とかによくあるけど、絶対にいかない施設なんだよね。
今回初めて入ったけど、まあ、一人でみてもつまらない、誰かといって写真をとりあってなんぼ、という感じ。

あと、ギネスブック館、と3Dシアターとかもありましたが、まあ、見学しても「別に」って感じでした。
おすすめは、水族館ぐらいかな。あとは、やっぱり、東京タワーは上ってなんぼなんだなあ。



2009.06.08 01:45 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |

おかんとおとんと、むすめっこといもうとと、なんだかんだで東京タワー

日本最大の観光地といえば、東京である。
世界で一番クールな街というば、東京である。

オリエンタリズムと近代の融合といえば街といえば、東京である。

東京観光をまじめにしてみようと思い東京タワーへいく。

P1160336.jpg



P1160283.jpg

東京タワーのイメージ、エレベーターでがーである。

P1160285.jpg

エレベーターで上るというイメージだが、実は下っているときに撮った写真である。

P1160291.jpg

オレンジ色。東京タワーのイメージ色。
ケーブルがなまめかしい。
誰かが取り付けたのだ。


P1160303.jpg

東京は夜景がきれい。ロマンチック。
ああ、ロマンチック。

P1160318.jpg

東京タワーどら焼きと、アイスコーヒーで500円。ワンコインである。
隣に座っていたアベックが、ひとりで東京タワーの夜景を見に来れないよね、みたいな話をしていた。そのときに初めて気がついたのだが、夜景ってデートコースなのね。




2009.06.04 02:04 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |

熊野市のかんぽの宿に泊まる。

今旬なかんぽの宿だけあって、夕食には副支配人が挨拶に来るし、車で30分ぐらいのところに送ってくれるしで、サービス満点なのである。
採算度外視といえばそうなのだが、それだからこそのかんぽの宿といえばそうなのだ。

夜は月が出ていた。
P1130025.jpg


P1130015.jpg
熊野市の海。

補陀落渡海」は、三重県側ではなく和歌山県の那智勝浦ではあるけれども、穏やかな海が月のあかりで染まっていて、海の向こうに浄土がある。
わかるような気がします。



2009.06.03 01:56 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。