FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

進化論

オカヤドカリの飼い方の手引き書によれば、二週間から一ヶ月に一回は、砂を洗うなど水槽の掃除をしなければならないという。
しかし、三匹いるヤドカリたちの二匹は目下砂潜り中。
なんでも、砂もぐりする理由は脱皮するためであることも考えられ、脱皮中に触るなど刺激すると死んでしまうそうなので、下手に手を出せない。いちよ飼い始めてから2週間程度はたっているので、水槽掃除もしなければと思うが、目下、砂潜り中というのが問題となる。

そこで、もう一つ水槽を買い、砂に潜っていない個体を移動させ、今後、砂潜り中の個体が地上に現れたら、移動させることにする。

久々に、地上に出てきた天狗くん。
元気よく水槽内を歩き回っていた。ネットで、流木を塩水につけるといいとあったので、ペットショップで適当な流木を購入し、塩水でゆでてみる。すると、塩風味が気に入ったのか、流木登りに余念がない。
P1000070.jpg


オカヤドカリは、解説書によると、もともとは海のヤドカリが、陸に上がった種類である。産卵と幼生期は、海で過ごすが後に、陸に上がる。なんでも、貝の中に少量の水をため込みそこで、えら呼吸をしているそうで、貝の中で海を保っているわけで、なので、乾燥に弱い。しかも、水にもよわく、水におぼれることもあるらしい。海に豊富にある、貝殻をすみかとするヤドカリという種に進化するというのもおもしろいとは思うけど、貝殻をすみかとすることによって、海から陸に上がることが可能となる進化というものおもしろいと思う。
アメリカのキリスト教原理主義者は、創造説の方が正しいと思っているらしいけど、進化論の方が、私にとっては、創造説よりもずっと神秘的だと思う今日この頃なのである。
スポンサーサイト



2009.10.31 01:45 | おかやどかり | トラックバック(0) | コメント(0) |

天使のはね

P1310329.jpg

沖縄の物品店で「天使のはね」というお菓子を買う。
おかやどかりのえさを検索したら出てきた一品。
食べてみると、意外なほどおいしくはないが、奇妙な食感で後を引くお菓子である。ポップコーンのポップな部分にイメージ的に似ている感じはする。まあ、食感も味も似ていないのであるが。
というわけで、おかヤドカリの水槽においてみるも、三匹とも砂潜り、手をつけず。
ここ数日、みな砂潜りである。

P1310326.jpg

窓際が好きな天狗くん。
縄張りがあるのか、気がつくと窓際を移動している。よく見ると砂を食べている。飼育におすすめの珊瑚の砂だからおいしいのか。ネットで検索すると、珊瑚の主成分は酸化カルシウム。酸化カルシウムは、石灰なのだが、食品添加物として、カルシウムの増強としてつかわれている。カルシウムの摂取にはなっているということらしい。

水槽の底を持ち上げてみると、一匹いるのはわかるし、日ごとに微妙に位置が変わる。
もう一匹は、どこにいるのかまったくもって不明なのである。

もう一匹は名前もつけてにいないうちに砂もぐりなので、かれこれ、二週間ぐらい姿を見ていないんじゃないだろうか。ネット情報では、脱皮する時、一ヶ月ぐらい潜ることがあるとか書いてあるので、そうなのか。脱皮を狙って共食いする場合があるとかも書いているので、もう食われてしまったのか。なぞは、深まるばかりである。



2009.10.27 01:06 | おかやどかり | トラックバック(0) | コメント(0) |

いなご

先日長野県に行ってきた。
長野県の松本や飯田のほうの名物は、昆虫類の佃煮である。

我が家のおかやどかりにお土産にしようと思ったしだいである。
ネットでいろいろ検索すると、おかやどかりは、雑食、人間の食べ物はたいてい食べるみたいな感じである。そして、昆虫などもたべるらしい。そんなわけのイナゴの佃煮である。

P1300694.jpg

で、実際あげてみると食べているのかどうかは不明である。そもそも、ポップコーン以外食べるのかどうか、よく分からない我が家のおかやどかりなのである。

人間用のえさでもあるので、食べてみると、カリカリ感が、ゴキブリをつぶしたときのカリカリ感と共鳴し、口のなかでゴキブリをつぶしているイメージがちょっとある。それに、足とか羽とかが口に残りやすく、おいしくもない。人間も食べられる食品だから食べられるみたいな感じである。全国的に、イナゴは食べられていないのはまずいからということなのだろう。


そして、最近のおかやどかりはもっぱら砂の中である。



2009.10.25 02:03 | おかやどかり | トラックバック(0) | コメント(0) |

さまよう刃

さまよう刃、という映画を見る。

ネットで、映画の感想を読むと「自分も同じ立場だったら、同じように復讐するだろう」みたいな人が多い。
でも、少年法に絡む被害者の親族は、そんなに復讐しているのか、そもそも、そんなに安易に、被害者家族の心情を分かったりすること自体が、被害者家族に対してとても失礼な気がするのである。
殺したいほど憎む気持ちは、きっと、少年法に限らず、親族や身近な人が事件や事故で死んだ時に思う心情であろうし、それって、映画で描く必要もないような当たり前の感情とも言えるのかもしれない。この映画の物語のよりどころは、そこにしかないのだ。

あと、「警察が守るのは法律か人か」なんてせりふが出てくる点で、この映画のそこの浅さが見えてしまって、そのどちらでもないだろう、「警察が守りたいのは警察自体だろう」という踊る大走査線みたいなことを思うのだった。そもそも、警察の行為を法律で縛るのでなければ、それは、ただの恣意的に行動する警察国家にならざるえない。そこに、この映画の訴えたい何かがあるのであれば、ちょっとねえと思うのだった。

ネットで、情報を検索して気がついたのだけど、被害者役の中学生の娘を演じている役者が、AV女優ということである。きわどい描写もあるから、低年齢の女優を使えなかったということだろうし、二十歳前後でこの役を演じられる日本人の女優が、AV女優しかいなかったということだろう。
別に、それはそれでいいのだけど、映画のホームページで、キャスト紹介のところにその女優の紹介がのっていないのだ。それが、一番腹立たしい。
主要じゃない刑事役やあまり出てこない犯人役は出ているのに、娘役の紹介がないのは結局、AV女優だから、ということにしか思えない。結局、映画としてどんなに立派な主張があったとしても、その程度の映画なのだ。



2009.10.25 01:39 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

奇跡

奇跡は起こるのだった。それは、鰯の頭を拝んでいたからかもしれない。

というのも、数週間前に、携帯にジュースをこぼし、液晶がつかなくなった。携帯の主要部分である電話機能は全くの問題なく、受信も送信もできるのであるが、いかんせん、液晶が使えないというのは不便というか、現代の携帯の機能の9割は使えないのである。

とりあえず、水に濡れたら乾かせばいいというのは、電子機器の鉄則でもあるから10日ぐらい様子を見るも直りそうもなく、じゃあ、パソコンにつなげてDATAをバックアップだけとって、修理に出そうかと思い、パソコンにつなげて、あれこれしていたら、突然に液晶は輝きだしたのである。

きっと、白雪姫が、王子様のキスを待ち望んでいたように、携帯もまた、USBケーブルとのキスを待ち望んでいたのではないかと思わせるのである。とはいえ、携帯のカメラは起動できなかった。

まあ、カメラ使わないからいいやと思っていたけど、先ほど、カメラを起動させたら無事に使える。
治ったのである。
奇跡である。



2009.10.24 02:46 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

長野へ

先日、紅葉でも見に行くか、という感じで、長野県の小谷に行く。
JRの駅だと、南小谷だが、小谷駅というのはないのが不思議なのだった。

P1000261.jpg

栂池自然園というところに行く。ゴンドラリフトとロープウェイを乗り換えて行くところである。
結構な標高なのだが、楽ちんである。


P1300362.jpg

家の留守を守る天狗ちゃん。
砂に潜ることが多くて、なかなか表に出ないオカヤドカリたちなのである。



2009.10.20 02:53 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |

3匹潜る

仕事の帰りに映画を見て、ポップコーンを買う。
ポップコーンを何粒かティッシュにくるんで持ち帰る。

インターネットで調べると、ポップコーンはオカヤドカリの大好物だそうで、私もコンビニで買ったポップコーンをあげてみるとむしゃむしゃと食べていた。夜行性であり、個体が小さいこともあるが、実際にオカヤドカリがえさを食べているのかどうかというのは、よくわからない。でも、ポップコーンは確実に食べている感じがする。

で、お土産を持って帰宅なのだが、3匹とも地上にいない。地下生活である。
昨日命名した「天狗」は、潜るのが苦手とか書いたが、今日は、ガラス越しに深いところまで潜っていた。

潜っている天狗ちゃん。
P1300012.jpg


きっと、オカヤドカリのプライドをかけて、潜るのが苦手なんじゃないと主張しているような、気はするが、実際には、どうでもよく潜っているのだろう。



2009.10.14 01:59 | おかやどかり | トラックバック(0) | コメント(0) |

1匹出てくる

家に帰ると、あいかわらず、1匹がじっとしている。
しばらくして、水槽からごそごそ、気がつくと一匹が砂の中から登場。

P1290999.jpg

そんな一匹。個体識別のため、写真撮影。
このヤドカリ君は、逃げ足が速い。木登りはどちらかと言えば不得意な感じ。
名前は、「ほい」としよう。ほいさっさなのだ。

P1300007.jpg

日頃、高いところでぼんやりしているヤドカリ君。
木登り上手だが、逃げ足は遅い、砂潜りも得意ではない感じはする。
名前は、「天狗」にしよう。



2009.10.13 02:32 | おかやどかり | トラックバック(0) | コメント(0) |

2匹消える

P1290993.jpg

今日のおかやどかり。

おかやどかりは、3匹買ったはずなのだが、気がつくと、2日前は1匹が姿を消し、今日もう1匹姿を消していた。水槽のふたに異変はないから、逃げたわけではなさそうである。
インターネットで調べると、砂に潜る習性があるそうなので、おそらく砂の中である。最近冷え込んできたので、ヒーターをきかせているから、砂風呂だなあと思うが、そんなに暖まってもいないかもしれない。

残りの一匹は、昨日は、物陰でじっとしていていじわるで、物陰を移動したら、いそいそと、物陰に再び隠れてしまう。今日は、高いところに上ってじっとしている。まあ、暗いうちにいろいろ歩き回っているのだろうけど、ペットを飼う身としては、もっと楽しみたいのが心情であるが、それは、おかやどかりだから仕方がないの一言で済まされるのである。



2009.10.12 01:55 | おかやどかり | トラックバック(0) | コメント(0) |

おかやどかり

30代独身、一人暮らしは寂しいのである。
というわけで、インターネットで、オカヤドカリのサイトをみていて、かわいくて、マイペースで、世話も比較的楽、そして、昨年行った沖縄ですっかりヤドカリの魅力の虜になってしまったので、ここは、あれこれ考えずに飼うことにした。

ネットの通販サイトで、オカヤドカリセットを買う。
そのセットについてきたガジュマル。オカヤドカリは、ガジュマルの木に登ったり、葉っぱを食べたりするらしい。でも、セットの水槽が小さめで、ガジュマルを入れるとかなり狭苦しいしので、観賞用である。成長したら、葉っぱをえさとしてあげればいい。

P1290001.jpg


で、オカヤドカリ3匹買ったが、その1匹。他の隠れ家に隠れて出でてこない。
P1290006.jpg


10分後もあまり動かない。
P1290024.jpg


動かないとはいえ、気がつくとどこかに隠れてしまっている。
基本的に、人間が嫌いらしい。というか、大きな動くモノが嫌いなのだ。
安全のために、貝の中に隠れてしまう。そして、夜行性なので、電気を消して寝ている間や家を空けている間に、ごそごそとしている。
家に帰ってくると、えさ置き場が荒らされていたりするから、なにやらしているらしい。

3匹買ったが、個体識別ができず、名前はまだない。
まあ、当人にしてみれば、名前なんかいらないが。



2009.10.09 01:11 | おかやどかり | トラックバック(0) | コメント(0) |

お祭り

まあ、お祭りなわけである。
白黒で、ワイルドな感じにするのは、写真の編集ソフトの設定である。
だれでも、なんか、かっこよい写真を撮れる時代。
というか、ごまかせる時代なのだ。

心霊写真テイストです。
P1270431.jpg


ラムネの瓶を狙ったのだけど、狙いは外れである。
P1270432.jpg


お祭りの中の日常である、きっと。
P1270528.jpg






2009.10.02 21:55 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。