FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

江戸のエログロ

高知県香南市の赤岡という街にある絵金蔵という美術館がおもしろかった。

江戸の後期の天才絵師金蔵が描いた物語絵を展示する美術館である。高知県に広くその物語絵を祭りの祭に飾る伝統が残っている。美術館の解説によると江戸時代田舎歌舞伎が禁止されたためその代替えとして物語絵が描かれたと言うことらしい。
金蔵自体、謎めいた絵描きであるし、小説なんかにもなりそうな感じである。

田舎歌舞伎が、江戸時代に禁止されたのは、風紀の乱れによるものである。いつの世も為政者というのは風紀の乱れを嫌うものである。
絵金の絵は、その田舎歌舞伎の代わりとして血みどろの残酷描写と、そこはかとないエロ描写である。そして、ちょこっと偉ぶっている武士を馬鹿にする。血みどろの赤色の表現がこだわりどころだとか。

放屁合戦図という男女に分かれて屁で戦うという合戦図である。女性の屁の方が強く、男の顔が吹っ飛んでいたりもする。この絵は、どこかで見たことがある気がしたがどこで見たのか思い出せないのだった。



2009.12.10 02:55 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://yomoken.blog2.fc2.com/tb.php/1059-9be070d0

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。