FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

キャラクター天国

高知の後免町から奈半利町まで、土佐くろしお鉄道のごめん・なはり線というローカル線が走っている。
とはいっても、比較的新しい路線で、二一世紀の2002年に開業している。
もともと国鉄の計画線が工事中であったが、赤字を理由にストップし、そのご、もったいないからということで開業したわけである。
ごめん・なはり線で、おもしろいのは、起点である土讃線の接続駅の後免駅方面が「上り」と思っていたら、「下り」だったということである。理由は、高知駅から後免駅方面の列車が、東京方面行きということで、JRにあわせたということであるが、不自然な感じであった。まあ。普通の人にはどうでもいいことでしょうけど。

四国のテレビを見ていたら、今回の政権の道路予算の査定に関して、道路については、鉄道などの公共機関が弱い四国では道路が必要であるという要望書を政府に提出したとか、高速道路無料化で、ローカル線が多いJR四国が赤字路線の廃止を検討するのではないかというニュースがあったりと、いろいろと矛盾を抱えて悩んでいる感じである。

さて、ごめん・なはり線ですが、どうせ赤字路線になるのだから楽しく元気にということで、やなせたかし氏が、駅ごとにイメージキャラクターを作成している。
赤岡駅に集合しているキャラクターたち。各駅に、立ってます。
P1000904.jpg


左から二番目の四角い顔のキャラが、いおきとらおくん。
P1000851.jpg

いおきとらおくんの名前の由来は、伊尾木というところで、映画の「男はつらいよ」の撮影地誘致運動が起き、そこで、話題作りに寅地蔵を立てたわけである。その後、高知県での撮影が決まり、伊尾木でのロケも決まったそうではあるが、撮影を前に寅さんが死んじゃったわけで、ロケ地になれなかったのでした。その名のこりの寅さん地蔵。

伊尾木には、伊尾木洞というところがあるのです。
P1000848.jpg

伊尾木駅から10分ぐらいのところ。道に矢印がありますが、どこだろうという感じ。用水路のような穴がその伊尾木洞。一人では、ちょっと怖い感じです。川の脇を歩くのですが、水の量が多いとおいそれとは行けない秘境です。
20メートルぐらいのトンネルを抜けると。

P1000823.jpg

緑の世界。ここは、天然記念物の暖地性シダ類8種類が群生していて、共生繁殖するのは珍しく学術的にも貴重というまさにシダ天国である。これだけ緑の世界は、珍しいが。

P1000828.jpg

なぜか、女性の石像が。
緑がかって、妙にふくよかでなまめかしい。

P1000834.jpg

そして、股を広げた女性の像も。なぜか、土佐焼せんべいのお供え物も。
試しにどけてみましたが、特に、何かいやらしいものはありません。秘すれば花である。

一人で、そんな石像に見守れながら、緑の世界にいるのは、ちょっと怖い。でも、こんなところは、他にはなく高知に行ったならば、おすすめのポイントではある。



2009.12.11 12:26 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://yomoken.blog2.fc2.com/tb.php/1060-c9a38c83

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。