FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

映画地獄

チェーンの映画館で、映画を見るとポイントがたまって、そのポイントで一ヶ月映画見放題券をもらう。
貧乏根性で、映画を見まくる一ヶ月を過ごす。
普段見ないような映画のジャンルが新鮮でおもしろい一方、どうしようない映画もいくつもあった。

映画の感想を他のブログ等でいろいろ見るといろいろな見方ができる一方で、結局、個人の経験によって良し悪しが左右される。Yahoo!の映画の感想投稿コーナーに、しこしこと感想を投稿するのだが、そのコーナーに「役立ち度」という、ブログの拍手みたいに、良かった感想にはクリックできる機能がある。
私の映画の感想は、「役立ち度」3つを目標に感想を書いているので、3つあれば満足なのだが、あまり役立っていない。
きっと、「お気に入りのレビュアー」集めをすればいいに違いないのだが、めんどくさいというのもあるし、案外、自分が評価している映画と評価しない映画を同じように評価したりしなかったりということがないので、自分が登録する「お気に入りレビュア」は厳選してしまうのだった。
まあ、役立っても、身銭が手に入るわけでもないし、自己満足指標なのだけど、それはそれで、読んでもらえている感はするのでうれしかったりもする。そう、ひとはうざくない軽いつながりを求めているのである。

そんなこんなで、映画を見まくった後に、予告編を数十回見た「踊る大捜査線3」をお金を払ってみた。
うーん。
すべての場面に突っ込みが入れられることができるというボケ映画なのだった。
物語になっていないのだ。脚本家は正気なのかなあと。
こんなんで、数十億ものお金を稼ぎ出すのかなあ。それはそれで、お金ないのに一生懸命作っている映画に失礼な話だよなあと思うのであった。



2010.07.13 03:04 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://yomoken.blog2.fc2.com/tb.php/1081-81919a18

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。