FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

領土問題



出雲の国と言えば、神話である。

水木しげるが言うには、妖怪は、境港よりも、その対岸にある島根半島にいた、そうである。
たしかに、島根半島というのは、それほど高くもないが、海岸から切り立った山が連なっていて、
山と山に挟まれて、宍道湖と出雲平野があるというのは、海沿いに平野があることが多いから、
ちょっと不自然な感じはする。
それに、冬のかすんだような、ちょっと雪が積もっていて、眺めているとその半島は神々しい
感じがするのである。


大きな地図で見る


そんな、島根半島を作ったといわれる神話が、国引き神話である。
古事記とか日本書紀には記されていないが、出雲風土記に記されている神話である。
詳しくは、下の動画を見てね。




で、話は飛ぶが、島根県で、島を返せ!というと、竹島のことである。
正月で休みだったけど、竹島資料館とかもあり、竹島って、島根では北方領土よりも、
大きな問題である。

でも、国引き神話をみると、島根半島は、新羅から引っ張ってきた土地じゃん。
韓国が、それを根拠に、島根半島の一部を返せって主張は可能なのだろうか。
まあ、神話だからねえってことにしかならないのだろうけど、神話を歴史教科書にって
勢力もあるし、神話を信じている原理主義的な日本人は、以外と返した方がと思ってい
るかもしれない。

博物館で、弥生時代の遺跡から、朝鮮半島の土器や、北陸地方の土器が発見されているので、
出雲政権の交流範囲や他地域の文化の受容ということが、神話の厳選には違いないと思うの
だけどね。



2011.01.09 02:17 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://yomoken.blog2.fc2.com/tb.php/1102-b187daaf

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。